住宅ローンの種類について。

会社の社内融資や公務員共済について

会社の社内融資や公務員共済など勤務先で利用出来る住宅ローンは借入条件、内容ともさまざま、自分の勤務先で利用出来る融資があるか、また、あればその内容をチェックしておきましょう。

Point:社内融資などを利用する場合は、マイホームを購入する不動産仲介業者やハウスメーカーの担当者に事前に「社内融資を利用する」ことを伝えておきましょう。売買契約書や建物請負契約書に記載される、「ローン条項」(住宅ローンが借りられない場合の白紙解除)が「買主自主ローン」に該当し、白紙解除期日や内容などについて、事前に売主側や請負業者と協議が必要となることがありますし、社内融資によっては「つなぎ融資」が必要となる場合があります。
また、保障料、事務手数料、団体信用生命保険、つなぎ融資など、借入に伴う諸費用を確認しておきましょう。

Point2:社内融資を利用する場合は、借入に伴う諸費用を考慮しても他の住宅ローンよりも有利か、しっかり確認しましょう。

 

※つなぎ融資:最終借入先の融資実行条件が所有権移転後などのため、その間、都市銀行などで借入すること。

株式会社明和住宅